「靴をはいて野にゆこう」|専門店だから出来る高額買取。草間彌生の作品はどこよりも強化買取させて頂きます。

「靴をはいて野にゆこう」

草間彌生

草間彌生 靴をはいて野にゆこう|レゾネ:#1

●作品名:「靴をはいて野にゆこう」
・制作:1979年年
・技法:シルクスクリーン
・サイズ:50.5×65cm
草間彌生の版画処女作と言われている「靴をはいて野にゆこう」「幻の野に立ちて」はともに限定100部の非常に貴重な作品と言えます。
沖縄県宜野湾市の佐喜眞美術館にておいても展示されているようです。 版画処女作であり、100部限定の作品ですので、相当に価値の高い作品と言っても過言ではありません。

草間彌生 作品の売却をご検討のお客様へ

草間彌生先生のシルクスクリーンは市場価値が高い為に、当社では他社に比べて高めに買取査定させて頂いております。草間彌生 「靴をはいて野にゆこう」をお持ちで、現在、売却をご検討のお客様は是非お気軽にアート買取協会まで御相談ください。   

草間彌生の作品価値と買取相場

「靴をはいて野にゆこう」の作者として有名な草間彌生(弥生)は、「クサマ・ハプニング」と呼ばれているパフォーマンスで、「前衛の⼥王」の異名を持つ。2016 年に⽂化勲章を受章したことも影響し、作品のニーズは⾼まる⼀⽅です。
特に、キャンバス⼀杯に⽔⽟(ドット)や網(ネット)などのモチーフを反復して埋め尽くした作品や、「かぼちゃ」の図柄の⼈気が⾼く、アート買取協会では⾼価買取の対象となっています。
バブル全盛期には草間の⼈気は低く、国内旅⾏程度の予算で購⼊できましたが、現在の価値は当時の数⼗倍〜100 倍のものも。売るなら今がチャンスの作家といえるでしょう。

アート買取協会ではフォーム・電話による買取査定以外にも、メールでも簡易査定を実施しております。

選べる3つの買取査定方法